家庭教師と塾講師のバイトを徹底比較│生徒と一緒に成長しよう

家庭教師

先生のスキル

保育園の先生はどんなことが求められるのか

保育士

保育園の先生は、子どもと触れ合いながらその子の成長を身近で感じることの出来る、本当にやりがいのある仕事です。しかし、ただ子どもと一緒に過ごすだけが仕事では無く、体と頭を使うかなり大変な仕事でもあるのです。 0歳〜就学前の子どもを対象とした保育園では、幅広い年齢の子に応じた対応が求められるので、臨機応変に段取り良く動ける能力が必要とされます。そして技術面では、ピアノが弾けることや工作力が求められ、書き仕事も多いので文章力も必要になってきます。また、子どもとだけではなくて保護者とのかかわりもあるので、ある程度の社会性も求められるのです。 このように大変な仕事でもありますが、多くの達成感と充実感を得られるのも事実です。ですから保育園での仕事が気になる場合は、細かい仕事内容を調べてみるのもいいいでしょう。

保育士として出来ないと苦労すること

私も数年ですが、保育園で働いていた経験があります。その時に、「これが出来ないと本当に苦労する。」と感じたことを2つ紹介しましょう。 まず紹介するのは、「ピアノ」です。これは、保育園の先生の誰もが思うことでしょうが、ピアノが弾けないと本当に苦労します。歌の時間は、毎日の生活の中で数回あるので弾けなかったら何も始まりません。特に現在は、男性保育士も増えていて、これまでに弾いた経験が無くて本当に苦労している先生を何人も見たことがあります。そして2つ目に紹介するのは、「文章力」です。保育園では、保護者との連絡・子どもの日々の記録など、多くの書き仕事があります。ですから文章力が無い人は、時間もかかって本当に苦労することになるのです。 ピアノも文章力も努力次第では、克服することが出来るものです。しかし仕事を始めてからこれらを習得するのは本当に大変なので、今現在保育士を目指している人の中でこれらが苦手な人は、今から克服出来るように策を練る必要があります。